くっつけて、
世界を変える

当社の接着技術で、お客様ビジネスを次のステージへ

接着技術で、
未来をつくる

当社は、1958年の創業以来、
衣料芯地分野で独自の接着技術とノウハウを培い、
多くのオンリーワン製品を生み出してきました。
そのコア技術を生かし、新たな領域でのイノベーション創出や、
お客様との共同製品開発に挑戦しています。

当社の強み

  1. 01

    多様な接着方法

    同素材同士はもちろん、合皮xフォーム、繊維xフィルムなど異素材の貼り合わせも得意としており、お客様のご要望に合わせて最適な接着方法をご提案いたします。

  2. 02

    安定した接着品質

    当社独自の技術により、素材の質感や風合いを調整しながら、高い接着強度と耐久性を実現することが可能。安定した品質を保ち、裁断、縫製などの後加工もしやすくなります。

  3. 03

    人と環境にやさしい

    人と地球環境にやさしいものづくりをめざし、接着剤は無溶剤タイプを使用。生産時の人体への影響がなく、VOC(揮発性有機化合物)基準を満たします。また、有毒ガスも発生しません。

当社にできること

多種多様な接着ニーズにお応えする技術が、東海サーモにはあります。

ボンディング/ラミネート加工

布帛、フィルムなど2種類以上の素材を、特殊技術を用いた片面接着または両面接着で貼り合わせ、単体では担うことができない新たな機能や価値を付与する加工。従来のボンディング加工では難しかった素材にもご使用いただけます。熱可塑性シートタイプとグルータイプの2種類から、お客様に合った工法をご提案します

詳しくはこちら

遮光加工

お客様のご要望に合わせた遮光生地を作成。巻かれたり、折り曲げられたりしてもシワが生じにくく、自動車内装やカーテン、建築材、アパレルなどの分野で各社様にご提案しております。完全遮光(遮光率100%)で、遮熱、UV、防臭といった機能も付与することができますので、ご相談ください。

詳しくはこちら

皮革裏打ち加工

天然素材であるがゆえに、部位や使用環境によって伸縮性のばらつきが見られる皮革専用の裏打材。たて・よこの伸度を一定にし、布帛の片面にホットメルト接着剤を塗布したもので、熱プレスで皮革にラミネートすることにより、皮革の伸度のバラツキを抑えるものです。ご使用いただくことで、皮革製品の耐久性、寸法安定性と製品の仕上がりを高めることができます。

詳しくはこちら

その他の加工

  • 機能整理加工

    布帛全般に新たな機能を付与します。

    • ◎機能例/長繊維の薄手ストレッチ加工(伸度設計)・吸水加工・撥水加工・抗菌加工・防臭加工・消臭加工・難燃加工・UV加工
    • ◎対応素材/ウール・綿・レーヨン・ナイロン・ポリエステルなど
  • ドット加工

    布帛全般に合成樹脂をドット(点)状に塗工します。

    • ◎特徴/ホットメルトタイプ接着剤を使用し、細かいドットから粗いドットまで対応可能。伸度や風合いを任意に調節します。
    • ◎対応素材/ウール・綿・レーヨン・ナイロン・ポリエステルなど
  • 紡績

    比較的、太い原料構成における糸作りを得意としています。

    • ◎梳毛紡績/5~25番手(メートル番手)
    • ◎対応素材/ウール・レーヨン・リヨセル・ナイロン・ポリエステル

対応分野

当社の接着技術は、さまざまな分野の「ものづくり」に貢献しています。

  • アパレル

  • インテリア

  • 航空宇宙

  • 自動車

  • 電気・電子

  • 土木・建築

  • 美容・健康

  • 環境エネルギー

  • 医療・福祉

  • 農業

接着技術Q&A

環境

溶剤系の接着剤を使用していますが、健康やVOCへの観点から無溶剤系に変更したいと考えています。
熱可塑性シートはコストが高い印象があります。

接着性

貼り合わせ後も、元のストレッチ性を維持したいのですが、可能でしょうか。
現在、ベタ塗りでPUフォームと接着をしていますが、風合いがかたく、反発性も悪いことに悩んでいます。
接着温度を色々変更して使用するケースがあるのですが、それに対応でき、接着強力が得られる接着剤はありますか。
接着後も素材に通気性を持たせたいのですが、可能でしょうか。
金属(AL・スチールなど)やゴム(EPDMなど)でも接着性は出せますか。
可塑剤を使用した材料(塩ビコーティングしたもの)に接着した時、剥がれてしまった経緯がありますが、可塑剤耐久性のある接着剤はありますか。

用途

車輌自動車の内装材用に使用できる接着剤はありますか。
材料の片面に接着性を持たせたいと思っていますが、可能でしょうか。
透湿性のあるフィルムを貼り合せることはできますか。

ご相談の流れ


  1. お問い合わせ

  2. 当社で対応可能かの一次判断

  3. お打ち合わせ

  4. 試作
    お客様評価

  5. ご契約

  6. 生産開始

お問い合わせ・ご相談

当社の接着技術を使って「こんな加工ができないか」というご相談をお気軽にお寄せください。

東海サーモ産業資材部

TEL 0584-81-8206
受付時間:平日9:00~17:00

FAX 0584-81-8236