事業案内

ご挨拶

ものづくりを通じて、お客様ビジネスや社会に新しい価値を

当社の歴史は1958年、創業者の浅野和男が岐阜県大垣市に東海紡織株式会社を創業したことにさかのぼります。毛芯地メーカーとしては後発ながら、東海紡織はお客様ファーストの対応力と、チャレンジ精神に立脚した製品開発力を強みに地歩を固め、1967年には現在の本社に工場を建設しました。

転機が訪れたのはちょうどこの頃。2代目社長の浅野重雄がヨーロッパを視察し、接着芯地に出会ったことがきっかけです。「今後は接着芯地の時代が来る」。そのような確信から、当社はドイツ・クフナー社からの技術導入をもとに、接着芯地の自社ブランド「サーモフィックス®」を立ち上げました。

その後、アパレルの進化に呼応する形で接着芯地の製品バリエーションを増やしていくと同時に、独自に培った接着技術に新たな用途と可能性を見出す取り組みを展開。自動車産業をはじめ、さまざまな分野へ事業フィールドを広げています。また、急速に進むグローバル化にもいち早く対応し、広く海外展開も行ってまいりました。

東海サーモが考えるものづくりとは、世の中やお客様のニーズをどこよりも早く、どこよりも良いかたちにしていくこと。この姿勢は現在も脈々と受け継がれており、「新しいビジネスにチャレンジする情熱」は当社の基本的なDNAとなっています。

これからも東海サーモらしいものづくりを追求し、お客様ビジネスの発展と豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。

皆様の変わらぬご指導とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長 浅野 圭一

会社概要

社 名東海サーモ株式会社
設 立1958年10月
代表者代表取締役社長 浅野圭一
資本金1億円
売上高54億7000万円(グループ計/2016年5月実績)
従業員数190名
本 社岐阜県大垣市大井4-53
事業内容
  • 1.衣料資材事業(接着芯地、毛芯地、副資材の製造・販売)
  • 2.産業資材事業(自動車内装材・熱可塑性接着シートの製造・販売、ボンディング・ラミネート加工・販売)
  • 3.接着技術とその設備を活用した新規開発

事業所・関連会社

事業所・関連会社 事業所・関連会社

国内事業所

本社/本社工場 〒503-0836
岐阜県大垣市大井4丁目53
TEL. 0584-89-3111(代)/
FAX. 0584-89-4172map
西大垣工場 〒503-0974
岐阜県大垣市久瀬川町7丁目5-7
TEL. 0584-81-8111/
FAX. 0584-81-9750map
東京支店 〒101-0032 東京都千代田区岩本町3丁目11-8 岩本町ビル5F
TEL. 03-3863-7375/
FAX. 03-3863-7360map
大阪営業所 〒540-0024
大阪市中央区南新町1丁目4-1 TTNビル302号
TEL. 06-6941-8220/
FAX. 06-6941-6022map

関連会社

莎摩服装輔料上海有限公司 上海事務所 上海市嘉定区馬陸鎮包橋村瀋石路129号
TEL. 021-62735645/
FAX. 021-62735647
莎摩服装輔料上海有限公司 上海工場 上海市嘉定区馬陸鎮包橋村沈石路129号
TEL. 021-69156225/
FAX. 021-62735647
TOHKAI THERMO(HK) CO.,LTD FLAT A, 14F., SHIELD IND. CENTRE, 84-92 CHAI WAN KOK STREET, TSUEN WAN , N.T., HONG KONG
TEL. 85224984471/
FAX. 85224136183map

東海サーモのあゆみ

1958年東海紡織

▲1958年 東海紡織

1958年10月資本金300万円にて「東海紡織株式会社」設立
1961年3月毛芯地のオリジナル製品「タイプG.W.」発表
1967年3月大垣市大井4丁目53番地に本社工場移転
1969年3月ヨーロッパメーカーより技術導入し、接着芯地ブランド「サーモフィックス®」を発表
1972年6月社名を『東海サーモ株式会社』に変更
1975年8月東京営業所開設
1976年6月大阪営業所開設
1977年4月IACDE(国際衣服デザイナー協会)企業会員に加入
1979年7月東海サーモ(香港)有限公司を設立
1983年11月日本初の接着樹脂『ダブルスポット』タイプ発表
1985年5月日本初のストレッチ加工糸接着芯地『エトール』タイプ発表
1988年2月業界初の薄手接着芯地「エトール(ET10)」発表
1989年1月第22回社団法人中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)受賞
1992年5月東海サーモアパレル技術振興基金創設
1993年3月西大垣工場完成(毛芯地製造部全面移転)
1994年4月(東海莎摩株式会社)上海事務所開設
1996年10月次世代毛芯地『NEO(ネオ)』発表
1996年12月業界初の商品規格巾60インチ「グローバルスタンダード接着芯地」発表
1997年8月代表取締役社長に浅野圭一が就任
2000年6月独資で東海莎摩服装輔料貿易(上海)有限公司設立
2001年1月複合芯地「EQタイプ」を特許登録
2002年3月上海市嘉定区に莎摩服装輔料(上海)有限公司設立
2002年10月「エコテックス規格100」を取得
2002年11月副資材のインターネット販売「サーモショップ」開設
2003年9月ISO9001品質保証国際規格認証取得
2004年1月新世代増芯「レノバ」を東洋紡と開発
2004年4月新規事業として産業資材事業部スタート
2005年12月新開発樹脂「GFコーティング(GLOBAL FUSION)」発表
2006年1月スーパーマイクロドットコーティング芯地を問題解決商品として販売
2007年10月シャツ芯地分野へ進出
2008年10月創業50周年を迎える
2009年12月モアレ防止機能接着芯地(特許)、グラデーション毛芯発表
2011年11月ドットボンディング加工開始
2013年8月自動車内装材の量産開始
  • 「東海紡織株式会社」のロゴ

    ▲「東海紡織株式会社」のロゴ

  • 1969年 サーモフィックス発表会の様子

    ▲1969年 サーモフィックス発表会の様子

  • IACDEの認定証

    ▲IACDEの認定証

  • 東海サーモ(香港)有限公司

    ▲東海サーモ(香港)有限公司

  •  

  • 東海莎摩服装輔料貿易(上海)有限公司

    ▲東海莎摩服装輔料貿易(上海)有限公司

衣料資材/接着芯地

1988年大垣市へみどりの街づくりのための公園用地を寄付
1989年大垣市立安井小学校相撲場上屋建設に対する資金を寄付
1990年大垣市へ青少年育成事業推進のための資金を寄付
1993年大垣市スイトピアセンターへ彫刻「錦」を寄贈(当社創立35周年を記念して)
1995年阪神・淡路大震災に対する義援金を寄付
2000年八幡神社ご本殿屋根修復工事に対する資金協力
2008年大垣市へ「水都大垣ふるさと応援寄付金」を寄付
2008年中華人民共和国名古屋総領事館に中国四川省大地震に対する義援金を寄付
2009年大垣市へ環境保全推進のための資金を寄付(当社創立50周年を記念して)
2011年日本赤十字社に東日本大震災に対する義援金を寄付
2016年日本赤十字社に熊本地震に対する義援金を寄付
  • ▲環境に配慮した本社の水処理施設

    ▲環境に配慮した本社の水処理施設

  • ▲1993年 彫刻「錦」の除幕式の様子

    ▲1993年 彫刻「錦」の除幕式の様子

  • ▲キャプション

    ▲彫刻「錦」

movie

play

東海サーモのものづくり